取引先との関係を熟慮

売掛金の回収が滞り続ければ、当然自社の資金繰りに悪影響から、健全な経営に大きなリスクとデメリットが否めません。何より売掛取引は相互信頼関係に基づく取引スタイルであり、これを反故とされた状況である以上、速やかな回収から揺らぎかけた信頼関係の再構築に努める事で、取引先と自社双方にとって重要な金品の継続的な流れを確保せねばなりません。

売掛金の未回収が生じた場合、いきなり強硬な督促に及ぶ事は通常ありません。相手先の経理処理上のケアレスミスを念頭に、確認というニュアンスでの打診から直ぐに入金対応が有れば問題ありませんが、対応放置あるいは理解難な釈明から時間ばかりが経過する、更に譲歩した期限内にも対応が為されないとなれば、状況は一気に深刻となります。

ここで経営陣すなわち組織としての意思決定権を有する立場として、一時の感情で強硬な督促を届けてしまわぬよう、あくまで冷静かつ早急に、現状から最悪未回収となった場合のシミュレーション作業を通じ、ベストな督促方法を見出す作業が求められます。取引先との関係を絶ってでも今回の売掛金回収を最優先とするのか、ギリギリまで穏便な解決から引き続き取引関係を維持すべきなのか、自社にとって極めて重要な選択を下さねばなりません。