解決後を見据えて

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

相互信頼関係に基づき、中長期的にスムーズに継続していた信用取引が揺らいでしまった時、そこに「悪意」は見当たりません。原因はただ1つ、取引先の資金繰りの悪化と断定しても間違いなく、売掛金未回収イコール、取引先として今後売掛取引を継続するに際し、大きなリスクが否めぬ事実を伝える「警鐘」と解釈すべきです。ですが未回収額次第では、このまま放置から最悪相手先が倒産となれば、多額の損金となり自社の資金面のダメージが見過ごせません。

対して未回収額が比較的少額で、あくまで相手先との良好な関係の継続が、自社の今後にとっても最重要選択肢と判断した場合、交渉という手段を用い、可能な限り条件面を譲歩して売掛金を回収する方法が視野に入ります。あくまで相手先の事情説明に確かな信憑性が確認から、譲歩した条件に沿った支払の遵守が確信出来る事が前提ですが、例えば分割での回収など、最終的に全額回収に繋げる方法を提案するスタイルで臨むのも一案です。但しこうした支払期限をズルズルと延ばす行為を,なし崩し的に「当然」と振る舞う企業が潜在的に数多く存在しているのも事実です。過ぎたる譲歩が悪しき慣例を定着させてしまっては本末転倒であり、正当な請求者としての毅然たる姿勢を忘れてはなりません。